banner

盛和塾とは

盛和塾は、もともと京都の若手経営者が京セラ(株)の稲盛名誉会長から人としての生き方[人生哲学]、経営者としての考え方[経営哲学]を学ぼうと 1983年に集まった自主勉強会に端を発しています。真剣に学ぼうとする塾生とそれに答えようとする稲盛塾長が互いに魂の火花を散らす人生道場となっています。また塾生同士の切磋琢磨の場として、全国各地の盛和塾に多くの若手経営者の皆さんが熱心に集まっておられます。稲盛塾長は心ある企業経営者こそが明日の日本を支えるとの信念に基づき、ボランティア活動としての盛和塾に熱心に取り組んでおられます。

2011年6月2日に64番目の盛和塾が138名の塾生で福島県に開塾しました、今では塾生総数は6400名を超えています。

活動内容

* 各地域(たとえば東北地区・中部地区)では、稲盛塾長を迎えて例会(勉強会)を開催します。例会では、塾長の実体験に基づく講話と懇親会やコンパスタイルでの膝を突き合わせた塾長指導が行われます。塾生は、全国すべての塾長例会に出席いただけます。

* 年に一度、全国の塾生が集い、学び、交流し、親交を深め合う全国大会が1泊2日程度で開かれます(例年8~9月頃に実施)。

* 機関誌「盛和塾」、塾長講話録テープ・ビデオが発行されています。

盛和塾の歩み

* 1983年
京都の若手経営者が、京セラを小さな町工場から世界企業にまで育て上げた稲盛名誉会長から、生きた経営学、人生・経営哲学を学ぼうとして集まる。後に、この勉強会は「盛友塾」と呼ばれる。

* 1989年
京都の「盛友塾」に集まる有志の中から、是非大阪の若手経営者にも、話を聞く機会を作りたいという思いに発端し、大阪に塾が誕生する。これを機に「盛和塾」に名称変更される。京都・大阪 開塾

* 1990年
神戸・滋賀・鹿児島・富山・東京 開塾

* 1991年
福井・沖縄・岡山・広島・徳島・香川・愛媛・高知・北大阪・東大阪 開塾

* 1992年
静岡・渡良瀬・福岡・名古屋・播磨・新潟・札幌・中海 開塾

* 1993年
ブラジル・石川・山形・仙台・三重・佐賀・大江戸・和歌山・埼玉・横浜 開塾

* 1994年
佐倉・長崎・熊本・宮崎・盛岡・オホーツク・帯広・はこだて・岐阜・開塾

* 1995年
群馬・大分・千葉・山口・台湾 開塾

* 1996年
秋田 開塾

* 1998年
南京都 開塾

* 1999年
バラナ・長野・あおもり 開塾

* 2001年
クリチーバ 開塾

* 2002年
各地で公開講座開始

* 2003年
盛和塾20周年を迎える

* 2004年
三河・USA 開塾

* 2005年
ニューヨーク・庄内 開塾、東京・大江戸合併(東京として活動)

* 2006年
塾生数4000名を突破

* 2007年
中国(無錫) 開塾

* 2008年
アメリカシリコンバレー・やまなし 開塾

Copyright © 2011~2013 SEIWAJIUKU NAGANO All Rights Reserved.