banner

県民フォーラム

県民フォーラムについて

盛和塾長野では若手経営者を中心に、経営者自身の心のあり方を研鑽すべく、日夜勉学に励んでおります。

その中で、ぜひとも地元長野県民の皆様にも心を深め、高めて人生をよりよく生きてほしいという思いから、高名な先生方をお招きし、ご講演をいただいております。

県民フォーラムは、塾生はすべてボランティアとしてご奉仕させていただき、無料で開放して多くの方々にご参加いただいてまいりました。

経営のみならず教育のあり方、政治のあり方、医療のあり方、また福祉のあり方、芸術のあり方なども含め、それに従事する人々の志の高さが、社会を変えなし、人々の心を変え、社会を変えていく大きな基になることは間違いありません。

盛和塾長野の塾生は、塾長からお教えいただいた『人間として何が正しいのか』『動機善なりや、私心なかりしか』などのお教えを日々実践し、猛進しております。

盛和塾塾生はその志をもって多くの人々に「心を高める人生を生きる」を深めていただくために活動しております。

一般の県民の方々にもぜひ学んでいただきたく、一年に一度この県民フォーラムを開催しております。

県民フォーラムの意義と目的

意義
稲盛和夫塾長から学ぶ経営哲学を基本として、経営者としての人格を高め、人間としての正しい考え方を学び、フィロソフィーに貫かれた弛まぬ努力と実践の繰り返しをもって、企業の繁栄と未来永劫を誓う塾生の結束の機会と捉えると共に、同時に長野県民に広く、その活動意義を知らしめ、地域社会に貢献する。

目的
盛和塾長野の塾生一人ひとりが高い意識を持って塾の活性化のため一人でも多くの県民をお誘いして盛和塾を語り、理解して貰い稲盛塾長の「哲学」を伝え県民の精神的豊かさに貢献する。

盛和塾長野の存在を広く県民に示し、中小企業の多くの経営者に盛和塾で学んでいただく機会を創り出し、稲盛哲学を共に学び、長野県の発展に貢献する。

盛和塾長野の塾生が100人を達成して塾を活性化し、更なる発展を目指して地域社会に積極的に貢献する。

県民フォーラムの開催報告

2009年11月14日 第10回 「人生生涯小僧のこころ」

2008年11月 9日 第9回 「人間性経営」

2007年 4月 1日 第8回 「日本人の忘れ物」

2006年 1月22日 第7回 「宇宙から見た地球」

2003年 1月26日 第6回 「人生は意思と愛のドラマ」

2002年 5月10日 第5回 「思いは実現する-成功への情熱」

2002年 1月27日 第4回 「自分の思いが遺伝子を変える」
             「感動こそが心をひらく」

2001年 1月17日 第3回 「人は何によって輝くのか」

2000年 1月12日 第2回 「経営の神様松下幸之助の片腕として40年」

1999年 6月16日 第1回 「素晴らしい人生の出逢いのために」

Copyright © 2011~2013 SEIWAJIUKU NAGANO All Rights Reserved.